忍者ブログ

お金の亡者がメモをする。

キャッシング系の知識をまったり更新。 しょうもない話題や気になったニュースについても記載。

2020/02/29

【金融】キャッシングサービスの違い まとめ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

2016/10/13

【金融】キャッシングサービスの違い まとめ

 
 冬の到来が唐突過ぎて備えが間に合ってません。
 関東はすでに寒いです。松尾です、こんにちは。
 
 
 
 この時期になってくると意識せざるを得ないのが、
 クリスマス、忘年会、新年会という日本が誇る3大大宴会。
 
 クリスマスは恋人や家族がいたりすると
 食事に加えてプレゼントにもお金がかかりますし、
 
 忘年会は色んな団体が集まろうとして
 会社忘年会→部署忘年会→OB忘年会→地元忘年会、というように
 忘年会をはしごする羽目になる人も多いのではと思います。
 
 そして新年会も然り。
 
 結果、金欠ですよね。
 
 と、いうわけで今回は金欠で苦しむ方々のために、
 世の中にあふれているキャッシングサービスを
 種類別に分けて紹介してみたいと思います。
 
 初心者の方も追加で借り入れたい方も、
 この冬に備えてご参考にどうぞ。
 
 

 
 身近にあるキャッシング(お金を借りられる)サービスを大きく分けると、
 ノンバンク(消費者金融など)、銀行系ローン、クレジットカードのキャッシング機能の3つがあります。
 
 ひとつずづ解説していきますね。
 

01.消費者金融や信販会社(ノンバンク)

 国から特別な許可を得て、賃金業を営む会社のことです。
 普段、テレビCMや広告などで目にするアコムやレイクといった有名な金融も含みます。
 
 まず、大手消費者金融(テレビCMを放映しているようなところ)についてですが、
 特徴としては、即日融資や初回利息無料キャンペーンなど、
 「商品としてのキャッシングサービス」が豊富である点。
 
 そして申し込みやすさが発達している点が上げられます。
 
 過去の記事でも記述しましたが、
 運転免許証を携帯で撮ったデータを送付するだけでOKだったりします。
 
 申し込みも手軽で、即日融資可で、初回特典あり。
 キャッシングをしたことのない方にとっては、最も楽でお得なサービスと言えますね。
 
 ですが審査の柔軟さについては、ノンバンクのなかでもかなり振り幅があります。
 
 例えば、先述したような有名な大手消費者金融や大手信販会社。
 知名度が高い分、顧客も多いため、審査で都合の悪い情報を見つけると、
 さらっと門前払いされることがあります。
 
 ですが、知名度の低い消費者金融では顧客をまず獲得することが大事であるため、
 都合の悪い情報についても親身に話を聞いてくれて、
 なんとかして融資できるようにしよう、という働きかけをしてくれます。
 
 そのぶん、知名度の低い消費者金融は金利が少し高めで、
 初回契約時のサービスといったものを実施しているところが少ないです。
 
 複数借入れていて、大手ではもう借りれない…。
 そんな方には、審査を柔軟に対応してくれる中小の消費者金融がおすすめですね。
 
 
 
 

02.銀行が直接運営するカードローン

 最近特にCMで見かけることの多くなった、
 「三菱東京UFJ銀行カードローン」や「三井住友銀行カードローン」といった、
 銀行が直接運営しているカードローンのことを指します。
 
 ちなみに、モビットやプロミスは「三井住友銀行グループ」のグループ会社なので、
 運営自体は銀行の傘下ではありますが、
 分類としては上述のノンバンクに分類されます。
 
 銀行系カードローンの特徴についてですが、
 まず、運営母体が明らかなので安心感があるという点。
 
 そしてノンバンクに比べ、利息が安いという点が挙げられます。
 
 ノンバンクは大手で18%、中小で20%程度の金利上限であるのに比べ、
 銀行系カードローンの金利上限は大体14%から14.5%程度。
 
 10万円を1年で返済する予定で借りると、下記のような差が出ます。
 
 
 ですが、安心して低金利での借り入れができる代わりに、
 審査がとても厳しくなっています。
 
 安定した収入があり、返済遅延などもなく、
 現在の勤務先に3年以上勤めていて、
 どうしても借り入れたいが利息が高く付くのは嫌だ!
 という方には銀行カードローンがおすすめです。
 
 三菱東京UFJの銀行口座を持っていなくても、
 三菱東京UFJ銀行のカードローンを利用できる、というようなことが
 多くの銀行系カードローンで可能ですので、
 自分の持っている口座に関わらず、
 いろいろと比較して自分に合いそうなところを見つけてみてください。
 
 

03.クレジットカードのキャッシング枠

 こちらも厳密にはノンバンクに部類されるのですが
 借り方や金利、上限額の仕組みなどに違いがあるので
 お金を借りたいと思った時の選択肢という意味で項を分けました。
 
 クレジットカードを利用したことがある方ならば一度は目にしている、
 「ショッピング枠」と「キャッシング枠」
 
 ショッピング枠は買い物に利用できる上限額を示していますが、
 キャッシング枠は現金として引き出して利用できる上限を示しています。
 
 この利用方法も簡単で、ATMでクレジットカードを差し込み、
 出勤を選択して画面の指示に従うだけ。
 
 審査はカード交付の時点で行われているため、
 基本的にカードを持っている時点で必要ありません。
 
 また、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているため、
 例えば、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円のクレジットカードで
 25万円の買い物をカードで行うと、キャッシング可能額は5万円になってしまいます。
 
 先にキャッシングを10万円分した場合には、
 このカードでの買い物は20万円分しかできなくなります。
 
 利息についてですが、大体のところが年利18%で設定をしています。
 
 返済方法はショッピング枠同様に、
 一括での返済かリボルビングでの返済が選択できます。
 
 利息を払いたくないが一括で支払うこともできない…という方は、
 いったんリボルビングを選択してから繰上げ返済を行うこともできます。
 
 繰上げ返済とは、毎月のリボルビング分の引き落としを待たずに
 直接振り込むなどして返済を行うことです。
 そうして繰上げ返済した分の金額は元金に充てられるので、
 返済期間を短縮し、利息を減らすことができます。
 
 クレジットカードを所持していて、今すぐ今夜の飲み会分だけほしい…
 という方には、クレジットカードのキャッシング枠利用が
 最も早く、最も返済もし易いのでおすすめです。
 
 

04.サラ金や街金って?

 テレビやネットなどでよく見かける、街金やサラ金という言葉ですが、
 どちらもノンバンク系の俗称です。
 
 サラ金には「サラリーマンが利用する金融」という意味があり、
 今では大手のレイクやアコム、アイフルなども元々はサラ金と呼ばれていました。
 
 また、街金は「街角にある金融」転じて、地域に根付いた中小の消費者金融を指します。
 
 どちらもなんとなく闇金じみたイメージのある言葉ですが、
 もともとの「サラ金」や「街金」のフリをして悪事を働く闇金が現れたことと、
 金融という言葉のイメージが時代の推移によってどんどん悪くなることで
 本来の意味とは違う受け取られ方をするようになってしまったようです。
 
 

まとめ

 ささっとまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
 どのキャッシングも、IT化や自動化が進んだ昨今の生活に合わせ、
 便利で気軽に利用できるようになっています。
 
 だからこそ、キャッシングを
 「まるで自分の口座から出しているように錯覚していた」という
 多重債務者が増え続けているのだろうと思います。
 
 行事の多いこの後の季節ですが、
 くれぐれも、ご利用は計画的に!
 
 
PR

コメント

P R

人気ブログランキング

ブログ村参加中です。

プロフィール

HN:
松尾
性別:
女性
自己紹介:
サブカル好き独身アラサー。
最近静岡と山梨に旅行して
一年分の富士山を見てきた。