忍者ブログ

お金の亡者がメモをする。

キャッシング系の知識をまったり更新。 しょうもない話題や気になったニュースについても記載。

2020/06/05

【金融】申し込んだら人生終了…闇金の怖い手口 4選

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

2016/09/27

【金融】申し込んだら人生終了…闇金の怖い手口 4選

 映画の闇金ウシジマくん、最新作が公開になりましたね!
 勇気が出ないので円盤になってから借ります松尾です。こんにちは。

 
 ウシジマくんと言えば、カウカウファイナンスからお金を借りた無計画な人たちが
 あらゆるシチュエーションや方法で転げ落ちていくところが見どころですが、
 結構みんな、特殊な被害者(自業自得ですが)が多いんですよね。

 OLから返済のために風俗で働きだして麻薬に落ちたり、
 読者モデルになりたかった青年が麻薬密売に取り込まれたり。
 
 この作品を「フィクション」として楽しむ方が多いとは思いますが、
 それでは実際に、今「闇金」と呼ばれる業者は具体的に何をしてくるんでしょう?
 
 被害報告などを基に、まとめてみます。
 
 

 

01.利息を上乗せして元金を返済させてくれない

 まず、お金を貸してくれるタイプの闇金のお話からです。
 
Aさんは破格的な低金利を広告していた某金融社でお金を借りました。
返済が遅延するとその2倍の金利をかける、という通知を受けていたので
遅れなければ大丈夫だろうと、余裕のある気持ちで返済分の金額を期日までに揃えました。

返済処理の前には必ず事前に連絡をするように言われていたので、担当者に連絡をしますが…。
なかなか、担当者に連絡がつきません。

やっと電話が通じたのは期日の翌日。電話口で担当者は当たり前のように言います。
「期日を過ぎたので金利は2倍ですね」
初め、10%で聞かされていた金利が2倍。20%にもなり、Aさんは慌てました。
ですが、担当者はあきれた声で続けます。
「そっちが遅れたのに、挙句にはこっちのせい?Aさんの会社に連絡してもいいんだよ」
Aさんは黙って金利20%の条件を呑むしかありませんでした。
ところが、その次の返済期日。またもや、担当者と連絡がつきません。
やはり、連絡がついたのは期日の翌日のことでした。

担当者は初回対応時の態度が嘘のような、半分笑っているような声で言いました。
「また遅れちゃったね、2倍で金利が40%ね」
そのときやっと、Aさんはこの業者が闇金と呼ばれるものであることを悟ったのです。
 上述したのは、貸してくれるけど元金を返させてくれないタイプの闇金です。
 意図的に遅延させたり、なにかと理由をつけて利息を増やし、
 個人情報を盾に請求と増額を繰り返す厄介な闇金です。
 正直、一番イメージのつきやすい手口かなと思います。
 

02.理由をつけて携帯を契約させて送付させる

 こちらは、ここ2~3年で急増している手口です。
 
Bさんは今日明日中にどうしてもお金が必要になり、
即日融資OKと書いてあった金融サイトから審査申し込みを行いました。

すぐに電話があり、名前や勤め先、口座などを口頭で聞かれるがままに伝えた後、
担当の方がまくしたてるように、こう言いました。

「信用情報が不安なので、正直融資できるかわかりませんね。
でも携帯ショップに行って携帯を契約して頂ければ信用が回復できるので融資できます。
携帯の買い取りは高く買ってくれるところ紹介するので。今日中にできそうですか?」

Bさんは融資の審査で携帯を契約させるの?と一瞬困惑しましたが、お金を得るため、
担当者の指定通りにスマホ2台とタブレット1台を契約しました。
契約したことを電話で伝えると、今度は送付先を口頭で伝えられました。
 
お金が欲しい一心でスマホと端末を送った数日後、Bさんのもとに別の男から電話が来ました。

「もしもし、紹介を受けた端末買い取り屋です。
送ってもらった端末3つで2500円、お振込みしました。
ありがとうございました、また宜しくお願いします」

驚いて口座を確認すると、たったの2500円だけが確かに振りこまれています。
そこで、金融の担当に信用情報は回復したのか、融資はいつになるのか確認しようと電話しますが
「多忙」や「外出」でなかなか担当に取り次いでもらえません。
1週間ほど経ったころ、これは「携帯契約詐欺」では?と疑い始めたBさん。
警察署へ向かい、相談をしたところ、衝撃的な事実を聞かされます。
「その場合、あなた自身が詐欺罪で捕まる可能性が高い。被害届は受理できないだろう」

Bさんは慌ててその足で端末3つを解約に向かいました。
解約の違約金で合計4万円。
融資を受けるどころか、むしろ、出費してしまうことになるのでした…。
 
 騙された!と思いきや、むしろこちらに詐欺罪容疑がかかるという、
 汚い言い方をすると「胸糞の悪い」手口です。

 携帯電話を現金化する目的で契約、転売することは違法になっており、
 Bさんは闇金の口車に乗せられて無意識に、
 「携帯電話を契約して端末を売却するという罪を犯していた」ことになります。
 
 渡した携帯電話は、ほかの深刻な詐欺に利用される恐れもあります。
 もし万が一Bさんのように携帯電話を送付してしまったなら、すぐに解約をしましょう。
 
 また、これと似たようなもので、
 Amazonや楽天市場などで「信用回復のためにこれを買って送れ」と高価なものを指定され、
 クレジットカードで購入して送ると、
 その品物の1/10程度の金額が振り込まれるという手口のものもあります。

 お金は手に入りますが微々たるものですし、融資もされません。
 また、クレジットカードの返済にも困ることが目に見えています。
 


 そして最近増えてきているのが、銀行口座を作って売ることを求めてくるものです。
 これについては「売るだけで儲かるバイト」などと偽って闇金とは別のところも頻繁に行っています。

 携帯電話の手口のように信用情報回復のために銀行口座を作ってくれれば買い取る等と言われるのですが、
 銀行口座の売買も形態と同じく違法ですので、口座凍結や逮捕をされる恐れがあります。
 加えて恐ろしいのが、銀行口座はひとつ凍結されると金融機関に凍結情報が流される点です。
 また、その口座が詐欺に使われた場合、名義人であるあなたが実行犯を疑われるのです。
 

03.渡した個人情報は余すことなく活用する

 手口、というよりも傾向の話になりますが、
 闇金との縁をうまく切れたとしても、闇金は受け取った個人情報を無駄にしません。

 メールアドレスを迷惑メール業者に売ったり、
 緊急連絡先として聞いた電話番号に闇金の営業電話を入れてみたり、
 住所も悪質なポスティング業者に教えれば闇金の利益になります。
 数ある闇金、詐欺グループも、いくつかは元をたどれば一つの団体だったりしますので
 そうしたところで「顧客情報」のやりとりがあり、
 一度騙された方が二次被害に遭われることも少なくないようです。
 

04.罪悪感にうまく付け入ってくる

 携帯の契約や返済をさせてくれない段階で「キャンセルすればいいのでは」と客観的に思いますが、
 闇金業者は巧みにこちら側の借金に対する罪悪感を利用して恫喝を行ってきます。
 
 例えば、「わざわざあんたのために融資の準備やってるのに何のつもりだ」とか、
 「会社に連絡して返済能力のない部下ですねと名指しする」や
 「実家に連絡してそちらから取り立てる」などです。
 


 どちらにも、借金をしている事実も闇金に騙されたという事実も知られたくない方は多い筈です。
 また、不思議とお金を借りるという引け目から、金融より自分を低い位置と思いがちですよね。
 それを荒々しい声量と言葉遣いで、投げつけるように言われたのでは
 「本当にこの人なら、この調子で会社に電話してくるかも…」と思ってしまいますよね。
 

まとめ

 さて、ここまで闇金の怖さについてつらつらと書いてきましたが、
 闇金からの借り入れは元金を含め、返済の義務が一切無いって知ってましたか?
 闇金に利息をどんどん増やされて雪だるま状態になって、
 それこそウシジマくんの被害者ようになるしか…と思っている方も、
 専門家に相談すれば間に入って関係を解消してくれるらしいので、ぜひ検索してみてください。
 
 闇金の避け方についても、そのうち記事にしたい所存です。
PR

コメント

P R

人気ブログランキング

ブログ村参加中です。

プロフィール

HN:
松尾
性別:
女性
自己紹介:
サブカル好き独身アラサー。
最近静岡と山梨に旅行して
一年分の富士山を見てきた。